弱者のあばら家

九州の東の果てで細々と生きてます…

前期を振り返って~いろいろと燃え尽きてた~

こんばんは。水着バージョンの《災禍の悪女・妲己》もさして必要ないためモチベーションが下がりぎみです。コツコツゲームすることの大切さは骨身にしみているのでゲームしてはいるのですが、こういうときにデッキビルドそのものを能力なりなんなりで楽しめないとちょっときついですね(´Д`)

 

【前期対面まとめ】(7/18~7/31)

まずは戦績から。

先攻48戦23勝47.9%

後攻52戦22勝42.3%

通算100戦45勝45.0%

いずれも数値悪化+負け越してしまいました…いろんなデッキを触ってみようとしたらそれが勝率的にはマイナスに働きましたね。

 

B~C赤単(画像はB査定です)
f:id:opamweakness:20180809200534j:image

C紫単

f:id:opamweakness:20180809194557j:image

Dシズクブラフマー、Cアポピス等を使いました。

赤単は《献身のフェリア》や《絶魔王アスモデウス》の着地をさせやすくするために《夏風便り》を入れました。トリガー枚数が減って回転数は落ちましたが、そのぶん上がった押し付け力は魅力的かなと思います。

紫単は《黒女神パールヴァティ》を試してみました。八点あれば十分強力な1枚に思えましたが、《ロストドラゴン》入りの青紫等には全く歯が立たなかったのでゲームプランなりデッキ構築なり見直しが必要そうです。

 

次に対面分布(負け数)。

青紫11(7)

紫単11(6)

侍11(8)

緑単9(6)

赤単8(5)

黄単8(5)

青単7(3)

獣7(4)

赤黄5

英雄4(2)

黄緑3(2)

黄赤2(1)

昆虫2

OC珍(2)

(赤青)

(緑赤)

(緑黄)

緑紫

天使

(アポピス)

アトロポス

魔導士

染め珍

ゴエモンワンショット

群雄割拠の環境だとは思うのですが、連続マッチング等もあってデッキ分布の偏りが出てきてますね。

特に《ロストドラゴン》を得た青紫や紫単が多数派になっていますね。侍も破壊に対しての耐性の高さや攻め手の豊富さからか数が増えていますね、オリボをとれる構成が確立出来なかったからか前回の集計で目立った《英霊・ケット・シー》絡みのデッキは減少していました。

もう少しスコアを出せるように励みたいところです…。

 

雑感つらつらと…アルカナバトルフェスタ東京に行ってきた話+α

こんにちは。

今日は「アルカナバトルフェスタ東京」に行ってきたときの話とか最近思ったこととか雑に書きなぐりたい気分なので雑文ロボピッチャしたいと思います。

 

・「アルカナバトルフェスタ東京」のために東京に行って撃沈した話

先日7/21に東京で開催された「アルカナバトルフェスタ東京」のトーナメント大会に参加するために前乗りで東京に行きました。予算やら日程の都合とか、体力精神力の消耗を避けるため当日はエントリーしにセガ本社に行って即撤退→ネカフェで休息→トーナメント開始時間直前に会場入りと、遠征らしいようならしくないようなムーブをキメていました。

自身を奮い立たせるためにイメージ画像→
f:id:opamweakness:20180805163208j:imageっぽい風体に「DXスクラッシュドライバー」


f:id:opamweakness:20180805200723j:image

まで装備して挑んだのですが今大会一番のサプライズ、“湊 智花”さんに敗れてしまい目標だった特殊プレートの獲得まで至りませんでした。

出場者の名前が読み上げられる際に会場のどよめきを形から入ることで起こしたかったのですが…“湊 智花”さんが呼ばれたときのどよめきがスゴかったり正直なところ来るという予想を立てていなかったので、僕も会場でビックリしてた側でした。

相手に応じて対面じゃんけんを仕掛けられるルールだったのでそれに沿うようにデッキを練り込んでいました。


f:id:opamweakness:20180805164328j:image


f:id:opamweakness:20180805164408j:image


f:id:opamweakness:20180805164422j:image

赤単は単純デッキパワーが高く対面予測をつけにくい場合にも押し付けやすい《爆裂少女カーリー》+《献身のフェリア》を組み込んだ形のものを。

ジゴック改アグロは紫単や青紫などCPブーストが絡むデッキを意識した構成にしました。《戦場の業火》はダブルノックアウト時に再試合になるためデメリットがほんの少し薄れていますね。選ばれ黄は《ライブオンステージ》《完善神アフラ・マズダ》3積みで青単ブラフマーなど墓地利用や横展開するデッキを攻略することを意識。

赤系統に対して有利を取れる緑主体のデッキを用意したかったのですが、デッキパワーと扱いやすさのバランスを上手く詰められず断念しました…結果としてはその部分の見通しの甘さで負けてしまったので練り込みが足りないなと痛感しました。勝つのは難しいですね

 

・パラメータ調整アンケートの話

「アルカナバトルフェスタ東京」のエキジビションマッチ中に前回の「アルカナバトルフェスタ大阪」でのアンケートで『上方修正してほしいカードと内容は?』(意訳)でいちばん多かったものが『《宝石獣カーバンくん》に【沈黙効果耐性】』だったそうです。

一言で言えば、『その発想はなかった』といったところですね。

盤面を作ること自体は正直なところあまり好きじゃなくて、盤面を作る=勝ち。となれば良いのですが…現状【沈黙】の有用性もあってそういう訳ではなくて最初のほうから諦めていたからか、沈黙を克服して勝つって発想が浮かばなかったというか雑に言えばもっと楽だったり早い方がいいよなとか。

多分盤面を作ること自体を楽しめるタイプの人がカーバンに沈黙耐性くれって言ってたとは思うのですが、そもそもキーワード能力でなく《天竜ヘヴンズドラゴン》固有の能力にしてれば良かったのになって感じです。《パーフェクトテリトリー》とか《モノクローム》みたいに付与するカードが出てきてるので今後そういうカードが出てくるのか沈黙効果耐性を乗り越える手合いが増えてくるのか放置してるのかはわかりませんが、カーバン攻略まみれになってミラーマッチ頻発するようになったらカード単位でミラーを制することが難しそうだし勝つにも負けるにも時間かかるし気持ちよくないしめんどくさそうでやだなってのが個人的な意見ですね(ワガママ)。

前期を振り返って~回数勢らしく~

こんばんは。

先日行われた「アルカナバトルフェスタ東京」の話は次回更新のときにしたいと思います…。とりあえず放置してた記事から更新します

 

【前期対面まとめ】(7/5~7/18)

まずは対面分布から。7/11にパラメータ調整が入りましたので分けて集計しました。

調整前

先攻76戦39勝51.3%

後攻94戦44勝46.8%

通算170戦83勝48.8%

調整後

先攻98戦56勝57.1%

後攻96戦46勝47.9%

通算194戦102勝52.6%

どちらも先攻のほうが勝率が高くなっています、アグロ系統のデッキばっかり使ってるからっぽいですが…。

調整前はD甘露アポピス、S~B黄アグロジゴック改、Dアトロポス等を。

調整後は、C赤黄アグロ




f:id:opamweakness:20180731211343j:image

S緑紫獣



f:id:opamweakness:20180801021617j:image


S~Bアグロジゴック改(画像はS査定です)



f:id:opamweakness:20180731211225j:image

等を使用しました。

緑紫獣は押し付け力の高い《英霊・ケット・シー》に《デストラクションスピア》を合わせたこの期に流行していたデッキタイプですね。小型ユニットを並べる挙動を妨害する《エクスチェンジ》はスピアと併用すると効果を発揮させやすく、度合いはともかく相互に補完し合う関係と言えるかなと。

Sアグロジゴック改はこの期で八点ついていた《策略の装填》《運命の装填》を併用することで手数重視の構成です。対面で出やすい種族とオリボを見つつユニットをかいつまんでみたらゴチャゴチャした見た目になってしまいましたね…。装填2種積みは高オリボデッキでは使いやすい印象だったので、ポイントついたときにいろんなデッキタイプで試してみたいところです。

 

次に対面分布(負け数)。こちらも調整前後で分けています。

 

調整前

アトロポス33(16)

黄単21(9)

赤単12(9)

侍9(5)

忍者9(2)

赤黄7(4)

黄紫7(5)

青単7(5)

緑紫7(2)

文珍・oc珍7(2)

アポピス7(5)

青黄5(4)

英雄5(4)

青紫4(2)

機械4(1)

フルーレルシファー4(3)

アブソリュートアーク3

黄赤2(1)

緑赤2(1)

神獣2

(赤青)

赤紫

黄緑

(青赤)

緑単

緑赤紫

紫単

(紫黄)

戦士

(獣)

遊覧ジゴック改

天使

(巨人)

 

調整後

青単32(18)

赤単25(12)

黄単23(7)

赤黄14(4)

緑紫14(7)

紫単13(6)

緑単11(8)

青紫11(7)

黄青6(5)

黄緑6(5)

文珍・oc珍4(1)

舞姫4(2)

侍(3)

アトロポス3

アポピス3

神獣3(1)

緑赤2

道化師2

戦士2

忍者2

黄赤

緑黄

緑青

昆虫

(魔導士)

(武身)

 

調整前はアトロポスが全体のほぼ2割を占める形になりました。デッキパワーを重視するプレイヤーがアトロポスに集中していたのか、対比するように全体のデッキの種類数は多くなりましたね。

調整後はバラけるかと思ってたのですが、上位5種で全体の使用率の55%を超える形に。デッキの総数も回数が多かったのに減少していました。多数派のデッキとしてはシズクブラフマー等を擁する青単、《爆裂少女カーリー》+《献身のフェリア》のコンボを内蔵した赤単が大きく数を増やしました。調整前ではアトロポスに対して有利を取りにくい関係で使用しづらかった兼ね合いもあるのかなと。緑紫も使用率が延びていますね。

環境の答えがまだ見つけられていない感じなのでデッキでの差をつけられるとスコアに現れてくるかと思うのでがんばりましょう\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

前期を振り返って~たとえ爪折れ魔法尽きても~

こんばんは、先週7/11に高速パラメータ調整がかかりましたね。《アトロポス》や《魔法天使レリエル》、《彩光の羽ばたき》、《甘露なる苦汁》等現行の流行デッキを是正する形になったでしょうか。それ以外にも《トリックオアトリート》等一部カードがSPカード化するため、それに合わせたのか封札シリーズの強化がされていますね。

これらを受けて環境が不安定になっている印象がありますが、乗りきりたいところです。

 

【前期対面まとめ】(6/21~7/3)

まずは戦績から。

先攻54戦33勝61.1%

後攻51戦24勝47.1%

通算105戦57勝54.3%

先攻が数値が向上したものの後攻は大きく数値が下がってしまいました…使用デッキは

 B~Dアトロポス(画像はD査定です)


f:id:opamweakness:20180717204722j:image

Aアグロジゴック改


f:id:opamweakness:20180717204801j:image

Dアポピス等を使用しました。

《アリジゴック改》軸のアグロデッキが後攻時に押し負けていた印象ですが、使いすぎですね…。いわゆるパンプカードをアリジゴック改にかけると1体BPの上がったものがコピーされるので、とにかく殴りたいデッキの挙動を含めて相性がいいため投入したいカードと言えるかと。

「場に出したとき~」発動させるカードを排していますが、初手の上振れ下振れが勝率に直結しすぎるのを嫌ったためです。きっちり初手取れるならそちらの方がハメゲーしやすいと思うので、もう少し安定化できればあるいは…

アトロポスは《パーフェクトテリトリー》《魔導結界》両採用の型を使っていました。単純デッキパワーが飛び抜けている印象なので、同形に対しての優位性を確保したくて範囲除去《シュネー・ヴィッツェン》2枚積み等いろいろ模索してみましたが、明確な回答が見つからなくてどうしたものかと思っていたらパラメータ調整がかかってしまいました…。

次に対面分布(負け数)

アトロポス18(9)

緑単9(3)

赤7(4)

黄7(5)

アポピス7(4)

青単6(3)

黄紫6(3)

青紫5(2)

紫黄4(2)

神獣3

英雄3

赤黄2(1)

紫単2(1)

侍2(1)

獣(2)

昆虫2

戦士2

忍者2

武身(2)

(赤紫)

(黄赤)

(黄青)

黄緑

青黄

緑黄

緑青

緑紫

緑赤紫

舞姫

創生遺跡ワンショット

機械

(フルーレルシファー)

今回も2割近くをアトロポスが占める形になってしまいました。

それ以外の使用率の高いデッキの顔ぶれも安定している印象ですが、青紫以外の紫の混色デッキが増えているのが特徴的でしょうか。

次の集計でどのぐらいバラけてくるか気になるところです

 

前期を振り返って~やはり知育玩具は落ち着く~

こんにちは。

最近新しいデッキタイプを見出だせないでいるので、誰かシャレオツなデッキください(乞食)

 

【前期対面まとめ】(6/7~6/20)

まずは戦績から。

先攻48戦26勝54.2%

後攻57戦37勝64.9%

通算105戦63勝60.0%

今回はありがたいことにいずれも数値が改善しました…。

使用デッキは、

A~Dアトロポス (画像はB査定です)


f:id:opamweakness:20180701063833j:image

C甘露アポピス


f:id:opamweakness:20180701063945j:image

A~B遊覧アリジゴック改(画像はA査定です)


f:id:opamweakness:20180701064055j:image

C赤単リリスアスモデウス等でした。

アトロポスは、発動タイミングに恵まれた代わりにデメリットの大きいドロー《招かれざる客》を《アンフェア・タックス》《妖剣士ギンコ》で発動させやすくした構成です。タックス、ギンコ共々採用で同型に有効な構成を目指しましたがタックスを引く引かないでパワーに大きなブレが生じるのがデメリットでしたね。

アポピスは《時女神アイオーン》が扱いやすく強力な印象でした。《水精ティターニア》等のインセプサーチを排して《ダークテイマー》《ブルーベリーガール》投入で単純ブースト要素を追加してみましたが、中盤あたりの不要カードになりやすいという点ではさして変わらず大きな効果は得られてなかった感。

《遊覧飛行》+《アリジゴック改》のコンボを織り込んだ黄アグロはこの手合いのデッキが手に馴染むのと、

・加護持ちユニットを横に展開できる

・範囲火力等苦手なものが飛んで来づらい環境

だったのが有利に働きスコアを稼ぎやすい状態だったかなと。速度重視で《エクスチェンジ》《死神のランプ》等のロックパーツを組み込む構成にしていましたが、行動権消費やBPアップ等他にも相性のいいカードや構築があると思うので、延びしろがあるデッキかなと。

 

次に対面分布(負け数)。

アトロポス21(6)

黄単12(7)

青単9(2)

緑単7(3)

アポピス7(2)

青紫5

赤単4(3)

黄緑3

黄赤3(2)

青赤3(2)

紫単3(1)

神獣3

黄赤緑2(1)

緑黄2(1)

緑赤(2)

紫黄2(1)

昆虫(2)

英雄2(1)

忍者2

侍2(1)

文珍・oc珍獣(2)

(赤緑)

赤黄

(青緑)

ドラゴン

戦士

(巨人)

コピー貂蝉

 

全体のうち2割がアトロポスになっていましたね、正直減る要素が見当たらないのでまだまだ見る機会は多そうですね。メタ対象に据えたデッキには勝率を稼げてたのは良かったのかなと。環境の推移をしっかり見極めてゲームしていければと想います

 

雑感つらつらと。

こんにちは。

最近思うことで文字数的にTwitterで書きにくいことを雑に書きなぐりたいなと思います。

●アルカナバトルフェスタ大阪の話

遅れましたが、僕も「アルカナバトルフェスタ大阪」に行ってました。

大会の雰囲気的なやつは公式からレポート出るやろと思ってたのですが、あがる気配が全然ないのでこちら

http://mstyleclub.hatenablog.com/entry/2018/05/27/013335

(「望月スタイルクラブ」様の記事)で詳しく書かれているので補完はできるのですが、トーナメントの動画とかあったりしないの…?とは思いますね。

大阪会場はCOJ周りでお金使える部分が全然なかったので、イベント片付け終わった後にターミナルに100円突っ込んだり、ゲーセン内でやたらと飲み物買ってみたりぐらいしか出来ませんでしたが、東京会場は物販あるみたいなので行かれるかたはそちらで使いましょう\(^o^)/

 

●最近の追加カードの話

来月下旬発売の設定資料集にフォイル+水着仕様《聖少女ブリギッド》と新規カード《思い出写真館》のシリアルコードが付いてくるそうです。

書籍付属カードが後々カードブーストに入るので書籍買ってカード入れとくか(古い例えなら「遊☆王R」単行本3巻みたいな)って流れをせき止めていた感はあったので、フォイル仕様にして明確な差を持たせてるのはスゴい名案だなと思いました。

写真館しかり来月からのマンスリートーナメント配布の紫パールヴァティーもいわゆるアトロポスデッキのフォロワーになっているので、とりあえず《魔軍総統ガープ》を集めて使いましょって熱いメッセージではと。

●カードセットの話

今日6/28からカードセット「デモンズロア」が発売されます。


f:id:opamweakness:20180628075426j:image

ランカーリプレイでもちょくちょく見る《絶魔王アスモデウス》を中心にした赤いカードセットなので、アスモデウス足りてないという方は買い得では。《デビルウィンナー》はゼロから始めてもスターターデッキとかランクアップ報酬で貰えるんでしたっけ?

 

●最近の環境の話

最近のいわゆるメタゲームはアトロポスとアポピスが空で戦ってて、その下から選ばれ黄や青紫、珍獣系統がチャンスを伺いつつ、それ以外はヤムチャ視点になりつつあるかなといった印象なのですが、現状強いデッキはいずれも1枚単位での強烈な必殺技を持つ一方で、その必殺技を撃つまでの挙動の安定性、途中途中の小技の数においても優れているため『デッキパワーの最大値を引き出しやすい』ものに集中しているかなと。

これらのデッキを対策しようとしてカード単位での対策で固めていると、有利カードとれててもデッキ単位での回転数の差で組み伏せられてるケースが多いのではと。アトロポスにせよアポピスにせよ除去+ドローとか墓地からユニット展開+デスカウンター付与など1:1以上の交換率で動いてくるので、メタカードを引き込むために手数を多く消費してしまうと、そこの部分のロスが響いて有利カード出せてるのになんかツラいって感じになりそうですね。


f:id:opamweakness:20180628123832j:image

(画像はイメージです)

 

メタカード当てて勝つ動きにするなら《月虹のささめき》+サーチ効果or除去耐性持ちで運用してようやくトントンぐらいになりそうですし、サーチ積まないで広くメタカード取り込んだデッキよりは最初から単純にパワー高いのかぶせてくか、メタ対象を絞ってメタカードA+B+Cって枚数にものを言わせて確実に当ててくほうが最終的なスコアは安定しそう。なんにせよメタ対象をしっかり見定めることが必要ですかね。

 

 

前期を振り返って~渇いた笑いしか出ねぇ~

こんばんは。

しっかり使えるデッキがないと勝率を出せなくてつらいですね。

【前期対面まとめ】

 まずは戦績から。

先攻30戦12勝40.0%

後攻38戦16勝42.1%

通算68戦28勝41.2%

回数があまりできなそうだったので、オリボを下げて確実に勝ちたいなぁと思ったのにSデッキを使ってた前回の集計よりも勝率が下がりました…。

 使用デッキは、Cアポピス


f:id:opamweakness:20180614122051j:image

C紫単


f:id:opamweakness:20180614122229j:image

C赤単、C黄単、B侍、Cアトロポス等を使いました。

しっかり引けてるときはデッキパワーにものを言わせて押しきれるのですが、微妙な手札のときに無駄にカードなりジョーカーなりを消費してしまって負けにつながってしまってた印象ですね。ゲームの流れを大局的に見られるようにしたいところです。

 

次に対面分布(負け数)

黄単12(7)

紫単9(8)

アポピス8(5)

赤単7(4)

青紫3(1)

緑単(3)

緑黄3(2)

アトロポス3(2)

巨人3(1)

赤黄(2)

緑赤2(1)

紫黄2(1)

文珍2(1)

赤緑

黄緑

青緑

紫緑

フルーレルシファー

(侍)

 

まんべんなく負けています…とくに紫単に対しての勝率が出せていませんね。《闇に巣食いし絶望》や《シュネーヴィッツェン》の押し付けに耐えられるか先行できるような構成にできてなかったってことでしょう。

「2.3ex2」とパラメータ調整で変動した環境には上手く対応したいですが…