読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱者のあばら家

∩(*´ヮ`*)つ ちのあめがみたいの♪

チャンピオンシップ福岡予選に行って来ました。

こんばんは。

4/3(日)の『CODE OF JOKERチャンピオンシップ福岡予選』ヒキキモに助けられ優勝できました(^o^)

遅れた旅日記は次には書きたいと思うので、使用したデッキと雑ですが所感を先に。

1回戦目使用デッキ
f:id:opamweakness:20160405222011j:plain
黄単デッキですね。
今回僕はギリギリAP枠で参加できまして、トーナメント表には参加者の現在ランキング順位とAPが記入されていました。
緒戦の相手の方の順位を確認してからこちらのデッキに決めました。
全国対戦での行動・カード予測がかなり困難だったのと、安定性を意識的にオミットしたデッキにオラつかれて殺されるのを避けたかったので、安全マージンをなるべく広く取るのを意識して、普段の黄単よりもさらに加護を積み増したデッキを選択。
更に万全を期すなら《ミューズ》を採用したほうが、スピム連打などで死ににくくなるのでデッキコンセプトとしてはよさそうですね。

2回戦目使用デッキ
f:id:opamweakness:20160405223346j:plain
緑アグロですね。
AP枠8位の僕は緒戦勝ち上がって2回戦目はAP枠1位の方が対戦相手でした。
手持ちには後述しますミリアレ珍、対アグロ寄り黄単、黄単、青赤、選ばれ舞姫、トリロスと用意してましたが、プレイングの勝負を仕掛けたくなかった点と、わからん殺しを狙えるかもという点でこれを選びました。
《デストラクションスピア》で枚数的に損をするような交換でも、そこの部分でテンポをこちらに引き寄せて殴りきりたい(《大自然の仲間達》を大量に積むのを要求されるため、相手の大型をはねたい)ので3枚積みです。
《アサルトガール》はジョーカー的に初手《人身御供》を食らわされることが多いので、それの切り返しに有効なスピムユニットを積みたかったのと、そのなかで一番攻めに向いてそうなテキストだなと思って積んでました。周りは無理でも《滅王アレキサンダー》本人を防御禁止にできるのは悪くないかなと思います。


準決勝・決勝使用デッキ
f:id:opamweakness:20160405225801j:plain
いわゆる猿珍獣に《謀略の女王ミリア》の要素を組み込んだものです。
《火精フレイミー》は非常に強力な火力テキストを持っているのですが、最序盤に発動条件を満たせず相手の場に干渉できないのが難点かと思います。
それをミリアでカバーするような挙動になりますかね。ミリアの火力発動を満たそうとすると、自ずとデッキが回転することになります。
とくにミリアと非常に相性の良い《サプライズボックス》の場合、デッキからトリガーを抜くのでデッキの中のユニットの比率を高めていくことになります。中盤において《火精フレイミー》の火力発動を起こしやすくするような状態にデッキが勝手に近づいていくことになるかと。
この2種の細かい火力と《原初神ガイア》の範囲火力、《狂神アレス》の突破性能を掛け合わせたような形になります。
デッキの回転力があり押し付け力も高いので現状B査定の状態ですが、全国対戦で使用していた状態と大きく入れ替えると使用感が変わって扱いにくくなるのを嫌って大きな変更点はありません。
トリガーはサプライズボックス以外はわりと好きに入れていいと思います。現状だと珍獣要素が少ないので《学びの庭》は枚数を少なくしないと弾切れしやすいくらいでしょうか。ミリアやアレスで点を取る能力というかデッキの性格がその気が強いと思うので、《献身のフェリア》を入れていますがこの部分を《ドン・ペローネ》等に変えるパターンもアリかもしれません。全国対戦でA査定を狙うならそうなるのかなぁと
《女神の詩》はこのデッキで一番強いカードのガイアを拾ってくる点と、場に出たガイアを回収できる可能性があるので投入しています。
場に出した次ターンに相討ち上等で突撃→回収→再登場や、アレスの味方火力を当てて全体バーンしつつ回収など強いムーブがあるのは魅力的です。
《デストラクションスピア》は各種OCユニットもそうなのですが、苦手な加護持ちだったり大型ユニット(《天帝インドラ》や《現世のイザナギ》等)を弾ける貴重なカードなので投入。インセプの枚数を確保できないので有効な範囲の広いものを選びました。《人身御供》は対面に緑アグロ等が出てこなければなくてもさして困らなかったので、対面に出てきづらいだろうというのもあり不採用です。
トリガー除去も別な仕事がある《暴走する魔剣》にしました。主に自分のガイアを破壊して全体5000ダメージ追加になるでしょうか。
相手のイザナギで点がかなり取りづらくなり、加護を付与される場合も多々あるので対抗手段になるのは大きなメリットかなと思います。

準決勝は対面の方が武身を使うと思い手持ちでマッチアップ的によさそうだと思って、決勝は初見ならアグロで行きたいところでしたが既に使っておりこちらのデッキの中身は把握されていてわからん殺しに期待できない点、使用デッキを青赤と読んで相性的に不利にならなそうと思って使いました。
どちらもデッキ予測が外れてしまいましたが(;´_ゝ`) 結果としてはよかったのかなと。
ミリアレ珍長々と書き込みましたが、このデッキは元々全国対戦で対面の方が使っていたものを目コピしてから使い出したものなので(´Д`)多分に所感に憶測が混じるところがあるので浅い考察になってても許してください…。

正直今でも実感がちょっとわかないところがあるのですが、来月の本選に地方民の爪痕を残せたらいいなと思います。