弱者のあばら家

偽りは捨て去れ(^o^)つ【copy】

【9/24大会+飲み会@大分市 告知アリ】ノーパン(プ)ブリギッド\(*^o^*)/ +来期の展望もどき

ほぼ一週間ぶりかの更新ですね…(。>д<)

f:id:opamweakness:20160920021702j:plain

9/24(土)に大分市フリッパーズクラブ2でCOJsの店舗大会があります。
今回は紅白戦になっていますので、かしこまらずに気軽に参加できるかなぁと思います。勝った側には素敵な賞品も出るみたいなので奮ってご参加ください\(^o^)/
あと、大会後に飲み会を開きたいと思っています。
http://twipla.jp/events/220807
↑現在ツイプラで参加者を募集しています。
お店はこちらhttps://www.hotpepper.jp/strJ001119247/で、夜11時から予定の三時間食べ飲み放題¥3200です。
当日でもなるべく受け付けたいのですが、予約の関係もありますので前日の夕方~夜までに言っていただけれると幹事としてはとても有難いです。
会場までの送迎は原則僕が車を出しますが、次の日の都合などで飲めないというかたでハンドルキーパーをしていただける場合は、キャッシュバック致します。
はじめてのかたもそうでないかたも、楽しめたらいいなぁと思うのでよろしくお願いしますm(_ _)m

さて、更新するネタが最近緑Sばかり使ってるので枯渇ぎみです(;つД`)
デッキレシピもリプレイやらなんやらで目に触れる機会も多く出回ってる感があるので、新鮮味もありませんが他に出せるような話題もないのでさくっと触れる程度に
f:id:opamweakness:20160920021934j:plain

●デッキ雑感

今期は八点トリガーが前期に比べて貧弱なので、ユニットが必要パーツ以外はポイント稼ぎパートを要求され、その結果ユニットの選択肢が狭まりがちです。
なので、ユニット以外の部分を噛み砕いて取り上げようかなと思います。

インセプトリガー枠は爆発的な出力を産み出す《雄大なる間欠泉》にお供の《加速装置》から。今期はどちらも四点なので前期と比較してどこかしらでポイントを稼ぐ必要があります。
このデッキ、使ってみると緑デッキなのに戦闘が発生しにくいのでパンプ要素が要らないケースが多いです。
削ったり質を下げるとしたらパンプからになるのではないでしょうか。
今回は《森の女神》と《勇猛なる決起》を組み込みました。
森の女神は、パンプ幅が小さい代わりに勝利時1ドロー+1CPや本体被ダメージ時に基本BPを下げられたりと腐りにくいメリットがあります。
そして決起ですが、なぜ緑でこんなん使うのwwwってなる方多いと思いますが、発動まで気づかれにくい点はこのデッキに関してはメリットかなと思います。
とくに一度戦闘を介しても自分の側がBP勝ってるときはインセプと違い反応すらしないので、ユニットの数を減らせる分でより効果的に当てやすくなっており、パンプをカチ盛りしたデッキの少ない今の環境にはマッチしてるかなと思います。(0枚にしないとサブタイ詐欺になっちまうかな(。>д<) 0枚にしたくなる瞬間もないこともないです…インセプに関しては…)
その他にはポイント要素として《薙ぎ払い》、カウンター的な要素として《大いなる世界》《夢破れし者》を投入しました。
ブリギッドの負けパターンで、「相手の場を更地にして盤面優位を作るが、相手更地の状態からこちらの場を更地にし返される」というのが多かったので、その状況を緩和できればその盤面優位を生かして押しきれるかなと思います。相手側が更地からこれを満たせるアクションは、進化や《始世神ジョカ》やユニット+インセプ連打等で、いずれもユニットで1クッション挟むのでカウンターが間に合ってくれますね。
とくに夢破れし者は確率は低いですが間欠泉にアクセスしやすくなるメリットがあり、世界と違い0CPで使えて融通が効くため世界2枚よりはこの構成のほうが扱いやすい印象です。

ジョーカーは前期よりもさらにポイントを稼ぎたい状況に陥っていたので、ならばと10点ジョーカーを2種採用。
内訳は単体除去3種に、インサイトストライフといったラインナップだったので、その中からスターライト+インサイトストライフにしました。
このデッキの除去の基本が火力によるものなので、その基本の除去の通じない相手に対して有効となるもののほうが詰みにくくなるかなと半信半疑でスターライトにしましたが、1CPなのが非常に便利ですね。(一度《勇王機神バトルカイザー》で身動きが取れなくなりましたが…)
もう一つのインサイトストライフですが、打点ピッチの低さを補えるのは優秀だと思います。
《アプスー》や《ゴーレム》、《飛翔のジズ》等好相性のユニットも一定数いるのは大きいような。
とくにアプスーは高確率で点をもぎ取れるのはいいですね。点を稼ぎつつシナジーを発生させられる組み合わせを作れたら、単なるBデッキの劣化コピーで終わらないSならではの強みが出てくるかなぁと。
ただ…あんまり意識しすぎて、シナジーさせるものの素点が低すぎたりシナジーの倍率が小さいと単純なカードパワーの足し算に劣る場合もあるので、シナジーやコンボを躍起になって作っていくのが正解でないケースもあるので、そのあたりはしっかり見極めたいですね。

●カードを入れ替えるなら

アップしてるのが素直に組んだ感じなのですが、メタや好みに合わせてカード入れ替えるなら加速装置が抜けていきそうです。フルブーストからの間欠泉はとても強力なのですが、加速装置単品だといまいち仕事させにくいのは否めません…八点なら笑って済ませられるレベルではあるのですが。
ユニットに八点枠を増やしてやれば、《無限の魔法石》《デストラクションスピア》《女神の息吹》等の強いトリガーインセプを組み込むことも可能です。
加速装置と入れ替えで強いインセプを取った場合、夢破れし者のパワーも上がるのは魅力的ですね。その場合パンプを取りたくなくなってしまう感じはしますが、それが平気かどうかは人によるところがあるかなぁと思うのでいい感じの作りが見つかったら教えてください(*´∀`)

●オマケ、来期のSデッキは?
ここからは、勘とか当てずっぽのレベルです。当たったらニヤリとしますが、概ね恥をかきそうな気もしてます(´д`|||)

Sで組みやすそうなのが、今期が前期のあおりを受けて八点枠がスカスカだった黄色ですかね。今期は今期で《スティンガー》をインサイトストライフするような高DOBデッキは散見したのですが、来期は前期のようなベタな黄色になるのではないでしょうか。《ポメ錦》《マンドレイク》《残響のアレグリア》あたりがごそっと八点に行きそうですし。

緑Sは間欠泉、加速装置のポイントが共に四点、悪くても間欠泉だけ二点ぐらいに収まりそうな印象ですが…堅実に場とポイントを固めてた《ギャウルス》と《ニードルアリゲーター》が両方二点、ともすれば0点に上がりそうなのが不安材料ですね。
少し変化球ぎみの構成を見つけるか、今期よりはマシになりそうなトリガーでごまかしていくのか。
八点枠は《ストレンジ・アイ》と前期に配布のあった《威令フルーレティ》、《風雲竜》あたりも来そうな雰囲気もしますが《プラウドドラゴン》との噛み合いの悪さから風雲竜を入れるのはためらってしまいそうな。

あとはティアマトギャンブラーがそろそろSはちょっときつそうです。《ヒートドラゴン》共々《創生竜ティアマト》が二点枠に参入してきそうな印象です。
八点カードもそうなのですが、ティアマトギャンブラーが四点カードに恵まれたデッキタイプだったので、デッキの核の部分のスコアが下がると補填が効きにくい感があります。他のデッキよりも八点トリガーを採用しづらいので、ユニットのラインナップ次第でしょうか(。>д<)

赤Sは《海からの贈り物》ギミック採用はほぼ無理そうな感じがします。《花の高原》もおそらく二点枠に入りそうですし、《ONI番長》みたいな高DOBユニットを沢山に《暴虐王バアル》みたいな作りがどれだけやれるかは気になりますね。あと《上忍炎威》が速攻で八点に行った忍者はS取りやすそうです。

自色の変動をあまり受けないのが、青系統に思えます。純粋な海洋だと完成までの場持ちが悪いので、レベコン的な要素を取り入れる感じになるのかなぁと。やることは《邪眼天使サリエル》かジョカの2択を息吹併用しつつループさせていくやつですね。

紫は相変わらずポイントがしょっぱいので、Sとは縁遠そうですが《丑の刻参り》など八点の付くものを活かした混色がワンチャンスあるかも…?

武身も今期のが、武身+大量の八点カードといった構成なのでもしかしたら一番練り込まずにつかいだせるかもしれませんね。

…次回はDOB更新後に前期のまとめをしたいと思います。