読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱者のあばら家

∩(*´ヮ`*)つ ちのあめがみたいの♪

【初心者向け】デッキ構築の基本のキ、その3+カードセット「黎明の光明神」を貼り合わせてガチくさいデッキを作ろう

こんばんは。

今日もデッキ構築の基本的なところを取り上げていきたいなぁと思います。

今日はこの一点です。

● 「〇〇を引くカード」と〇〇のバランスを整える

f:id:opamweakness:20170110220557j:plain

画像はポケットのブレイブ珍獣ですね。
《ニードルヘル》《裁きのマーヤ》を積み忘れていますが、それ以外にもいくつもツッコミ所がある状態になっています。順番にツッコミ所を確認していきましょう。

1:《リトルドラコ》で持ってくる種族:竜のカードが入っていない。

種族の竜、亜竜の紛らわしい問題はさておき、このデッキには竜が一枚も入っていないため、リトルドラコはただの2CP3000ユニットになってしまいます。《サラマンダー》等の対応するユニットを積みましょう。

これに近いところですが、

②:《風紀委員マコ》が他に何も持ってこない

圧縮してくれるのは重要なのですが、この状態では3枚目のマコは(2周目に入ったりしない限り)何も持ってこないですね。もっと言えば、種族サーチユニットは種族デッキみたいに量を重視する場合でなければ、サーチされるカードの質もポイントで、より重要だったり強力なカードを引き出すためにサーチユニットを使うのを意識したいですね。
マコの使用頻度が高いのは対応する種族:悪魔に《蠅魔王ベルゼブブ》や《狂神アレス》、《夜魔女王リリス》など強力なカードを引き込めるからというのが大きいですね。
ポケットならばとくに、《魔槍のリリム》《チアデビル》《暴虐のネビロス》などをマコでサーチしていきたいでしょうか。

あともう一点。こちらは、可能性が高いレベルですが、

③:《野生の衝動》が空撃ちになる場面が出てくる

《野生の衝動》は種族:獣を持ってくるか獣を出したときにその獣の基本BPを上げるトリガーですが、このデッキには《ブラッドハウンド》以外の獣が入っていないため、3枚《野生の衝動》を入れると、ブラッドハウンドを引ききってしまった後には空撃ちかブラッドハウンドを出すときに使って基本BP上昇を狙うしかなくなってしまいますね。
他の種族トリガーにも同様のことが言えると思います。
該当カードを少なくすることでそのデッキのキーカードをピンポイントで引いてきたりと、とても便利なのですが積みすぎたり、引ききってしまった後の空撃ちが発生しないように構築・ゲーム内のデッキの中の枚数に注意したいですね。

●カードセット「黎明の光明神」を貼り合わせてガチくさいデッキを作ろう

カードセット「黎明の光明神」が、1/12(木)から発売されます。
f:id:opamweakness:20170110210412j:plain

《光明神アポロン》《天空神機ゼウス》《現世のイザナギ》など黄色の主要SRに加え、《カパエル》《プリティベル》《無限の魔法石》など基本パーツを押さえたセットになっていますね。

こちらを3セット買って貼り合わせてみたらこんなかんじになるでしょうか。
f:id:opamweakness:20170110210839j:plain

基本的な立ち回りは、いわゆる「加護イザナギ」を狙いつつ、《アンフェア・タックス》を絡めた妨害、場合によってはゼウスでリセット。といった流れになるでしょうか。
重要パーツをいくつかピックアップしてみましょう。

f:id:opamweakness:20170110211142j:plain
黄色に安定感を与えているとても優秀なユニットです。
後攻初手にまず軽減してこれを出して相手ユニットをコピー。1対2の構図を作り枚数差とBP7000の両面で押し込んでいけます。
更に破壊されたときに消滅カードを1枚選んで回収して枚数差もできないため序盤から終盤までパワーを発揮できる1枚です。

f:id:opamweakness:20170110211858j:plain

相手の3CP以上のユニットの行動権を消費させ、自分のターン開始時に行動権を消費しているユニットを消滅させる進化ユニットです。
これに《風精ウィンディ》のウィルスの効果で加護を付けて、延々と相手ユニットに干渉し続ける加護イザナギはトーナメントシーンでもよく見る黄色デッキの一つです。
こちらはACで買える「1.3パック」からも出てきますが、オーバークロック効果もあり比較的序盤に出したいユニットなので「1.3パック」で狙って当てるのは難しいのこの機に3枚揃えたいところです。

f:id:opamweakness:20170110212835j:plain

相手のほうが場を強力に展開していたり、最後の一点がほしい場面を解決できる7CP進化ユニットです。

これ1枚で相手の場を更地にしてさらに一点取れるのはやはり強力ですね。

f:id:opamweakness:20170110213102j:plain

相手のトリガーのカードを全て手札に返す4CPユニットです。
f:id:opamweakness:20170110213202j:plain
クリスに限らず《ジャンプー》などでも相手の手札を増やすことで、《アンフェア・タックス》を発動できれば通常以上に得していると言えますね。

また、軽減してからクリスを出した後で明天凶札を使えばより相手に逆転されにくい手札破壊になるのでとても強力です。

初手は
先攻は、《プリティベル》か《オータムロイド》
後攻は、軽減アポロンを狙っていきましょう。

カードセット二個でもかなりデッキパワーが出るので「買い」のカードセットですが、余裕があれば追々追加したいカードがいくつかあります。

●《ミューズ》《ライブオンステージ》《セレクトショップ》(1.3パック収録)
加護イザナギと並行して狙われることの多い加護ミューズは非常に強力な組み合わせです。スピードムーブを無効化するミューズと手札に返す黄色が相性がよいため、緑のカードですが自然に組み込めますね。
いわゆる重いデッキのためライブオンステージなどのCPを増やせるカード、進化ユニットを出す前にトリガーを確認できるセレクトショップもあると安心して展開できます。

●《天竜のレイア》《ゴールドクラウン》(PRパック収録)
打点を通すのに非常に便利な2枚です。イザナギで対処できない2CP以下を対処できるカードは用意したいところです。

●《天帝インドラ》(1.4収録)《ライトニングドラゴン》(2.0EX2収録)
2CP以下のユニットを消滅させるインドラは3CP以上をロックするイザナギと相性抜群です。
ライトニングドラゴンは、大型サイズ+加護に加えて相手ユニットに呪縛を与えることで、相手の切り返しを阻害します。

インドラは課金SRですが、それ以外のカードは「あちゃーアポロンもゼウスもそろっちまってるから買う意味ねーわwww」って言ってるような人なら余りがあるようなカードなので、フォイルカードと交換してもらったりするとスムーズかもしれません。