弱者のあばら家

偽りは捨て去れ(^o^)つ【copy】

前期を振り返って ~∩(○◎)チカラヲ!~

こんにちは。
「2.1」が発売されて査定緩和+Sデッキパワーでようやく持ち直してきました…

【前期対面まとめ】
2.1前後で出してみました。
戦績から。
2.1前
先攻40戦17勝42.5%
後攻32戦14勝43.8%
通算72戦31勝43.1%


先攻41戦25勝61.0%
後攻34戦14勝41.2%
通算75戦39勝52.0%

新弾に救済されましたね…
発売後には、
C赤リリスマモン
A黄赤天使
f:id:opamweakness:20170704100444p:plain
A緑黄戦士
f:id:opamweakness:20170704100531p:plain
等を主に使っていました。
スコアとしては、さすが完コピーデッキの戦士が主に稼いでる状態でした。
《銀弾のエクソシスト》や《雷光纏いし炎の竜》で《ミューズ》等の後攻初手をどかして殴り付ける流れが多かったからか、後攻よりも先攻のほうがたたみやすい状態にあったのかなぁと。

次に対面分布(負け数)。
こちらも前後で出していきます。
前から。
赤単23(12)
青緑12(10)
緑単8(5)
黄単6(4)
紫単5(3)
青単3
武身3(1)
(赤黄)
紫珍獣2(1)
侍2
(赤青)
赤緑
緑赤
アリアン
(昆虫)

赤単12(5)
赤黄12(6)
青単7(4)
戦士7(2)
黄単6(3)
緑単6(3)
オークション4(1)
青緑3(1)
武身(3)
緑黄2
巨人2(1)

OC珍獣2(1)
侍2(1)
(黄赤)
(青黄)
(紫単)
(天使)
(無限ニケ)

2.1発売に伴うパラメータ調整もあってか、赤単が相当数赤黄に流れていますね。《カパエル》《光翼神ホルス》に時々エクソシストや《両成敗》、雷光を入れたタッチ黄よりのものが多い印象です。
同様にいわゆるブリギッドハンデス(青緑)と紫単が大きく数を減らし、入れ替わるように《星輝神ヌト》《日輪刀のハヅキ》を得て大きく強化…というか全く別物になった戦士と、《冥界神オシリス》→《レヴィアタン》+《幽世のイザナミ》のコンボを組み込んだ青単が見られるようになりました。

2.1カードのポイントに変動があり、荒れた環境の今期はどうなってるかはまた楽しみではあります